agaはどうしてなるの?簡単な対策方法も知りたい!


agaは男性ホルモンが原因だった

agaとは、男性型脱毛症のことで、成人男性の内だいたい4人に1人が罹患するかもしれない疾患です。主な原因は、DHTと呼ばれる男性ホルモンがヘアサイクルを阻害するためだと言われています。頭髪は成長して脱毛し再び生えてくるのを繰り返していますが、このヘアサイクルが乱れると、頭髪が成長する前に毛穴から抜け落ちるような状態になるのです。このため、agaを発症すれば、脱毛する毛量が徐々に増加するだけでなく、細くて弱い頭髪が多くなります。DHTを生成させないような治療もありますが、AGA治療で使用される薬は副作用が見られる場合もあるので、体質に合わない人は受けられません。また、男性ホルモンだけでなく遺伝や生活習慣にも原因があると言われています。

まずシャンプーの仕方から見直そう

男性ホルモンや遺伝は自分で対処するのは難しいですが、生活の中でできることなら改善しやすいでしょう。aga対策で誰でも簡単にできるのは、シャンプー方法を見直すことです。ヘアケアは頭皮環境を良好に保つために正しく行うのが大切です。まず、シャワーで頭部に付着した汚れをよく洗い落とし、シャンプーは手の平で泡立てから使用しましょう。シャンプーをする時は、頭皮を強く擦ったり爪を立てたりすれば傷つけてしまうので、指の腹でマッサージするような感覚で行うのが基本です。あとは泡が残らないようによくすすぎ落としてください。汚れが落とせていない、シャンプーが良くすすげていないなどの雑なシャンプー方法では、毛穴の中に皮脂などが溜まりやすくなり、脱毛や頭皮の炎症などの原因になります。

agaを横浜で治療している病院やクリニックでは、患者の薄毛の進行度に応じて内服薬や外用薬をはじめとした投薬治療をメインに行っているところが目立っています。