どうして男性脱毛は発症するのか?そのメカニズムを知る


なぜagaは男性のみの病気なのか?

aga、すなはち男性脱毛症がなぜ男性のみの病気であるかというと、agaに直接関係する男性ホルモンが、睾丸から作られるからです。その点において、agaは男性特有のホルモン異常の病気です。agaの問題点として、睾丸で作られた男性ホルモンであるテストステロンが、頭皮にある酵素と結びつくことにより、悪性のジヒドロテストステロンへと変化してしまいます。この悪性の男性ホルモンが脱毛の司令を出すことで、髪の毛が抜けてしまうという現象が起きます。

agaと遺伝の関係性が認められている

agaについてはまだまだ研究途上でありますが、遺伝性の強いホルモン異常の病気であることが研究などによって分かってきました。祖父や父親など薄毛の家系に生まれた男性の場合には、agaを発症するリスクが高くなると言われています。その理由は、遺伝的にテストステロンと結びつきやすい酵素を作り出す体質であることや、テストステロンと酵素を結びつけやすい体質をしていることが原因であると考えられています。そのため、親族に薄毛が多い人は注意が必要です。

男性を取り巻く環境がagaを発症

agaは遺伝のみならず、男性を取り巻く環境によって発症しやすくなるリスクが高まることがあります。特に注意しなければならないのは、生活習慣です。不規則な生活習慣やストレスの多い仕事環境、それに、喫煙習慣などの要素が複雑に絡み合ってagaを発症してしまうと言われています。特に、睡眠サイクルの乱れや、偏った食生活というのはホルモンのバランスを崩しやすく、agaの発症の原因となりやすいと言われています。

頭の毛が薄くなってきたらどうしますか?潔く坊主にしますか?今の時代、治療すれば薄毛も治るんです。札幌にお住まいの方は、agaを札幌で治療しましょう