韓国の影響を受けた!日本人の美容整形に対する考えの変化


2000年代は整形なんてありえない!という雰囲気

2000年代初頭、日本人は韓国人が気軽に美容整形をしているという驚愕の事実を知りました。この頃から韓国に関する情報が徐々に日本へも入ってくるようになり、韓国の整形文化が日本に伝えられることになったのです。当時の日本人の美容整形に対する受け止め方は、整形なんて絶対にありえない!という雰囲気が強く、日本では受け入れられない状況でした。そもそも、美容整形は芸能人などの限られた人のためのもので、一般人には縁がないと考えられていたのです。

韓流ブームとプチ整形の普及

しかし、少しして韓流ブームが沸き起こり、それと時を同じくしてプチ整形が日本国内に徐々に普及していきました。その先導者的な存在となったのが、他でもない韓流アイドルたちだったのです。韓流アイドルたちは小顔でパッチリとした大きな瞳をしていて、若い女性を中心に韓流アイドルに憧れを抱く人が増えていきました。その流れに合わせてプチ整形が社会的に受け入れられるようになり、一般人でも美容整形が徐々に浸透していったのです。

自然と受け入れられた美容整形

そして、現在、美容整形は日本において市民権を得ています。インスタグラムのインフルエンサーの女子大生たちは、全く隠すことなく美容整形をしたことをオープンに語っています。また、若い年代だけでなく、中年層の美容整形の需要も高まりました。このような状況から、日本でも美容整形は定着したと言えます。2000年代から始まった韓国ブームに強い影響を受けつつ、美容整形は日本人の間で徐々に受け入れられていきました。

フォトフェイシャルとは、IPLと呼ばれる特殊な光を当てることで肌のトラブルの原因を除去していく治療です。特にシミやそばかすの治療に高い効果を発揮します。