歯の神経を直して噛めるようにするための治療


虫歯などの治療で用いられる

虫歯などの歯が関係する病気にかかってしまうと、歯が痛くなってしまう他、食べ物や飲み物によってしみてしまいます。こうした状況になった場合、歯医者が行う治療法としては、いくつかの選択肢が存在します。レントゲンなどで歯の状態を詳しく観察し、あまりにひどい場合、根の治療を行うケースもあります。歯の中にある神経を掃除して、その部分を細菌などが入らないよう被せものをするといった医療行為ですが、一般的に根管治療と呼ばれます。

治療する歯の数によっては、治療期間が長くなってしまいますが、抜歯と異なり、歯を抜かずに虫歯などの治療ができるといった特徴があります。

根管治療の進め方について

最初に虫歯などで悪化した歯の状態をレントゲン等で調べ、根管治療が必要かどうかを細かく診断します。根管治療が必要と判断されると、根管治療の前提として該当する歯の治療を行い、詰物があれば取り除きます。最近などが侵入してしまっている歯の神経部分の入り口を探し、その形を整える治療を行います。そして、根管と呼ばれる細い神経の部分を、小さな器具で細かい箇所まで掃除をして、細菌などを取り除きます。神経の部分に細菌などが入ってこないよう、歯の土台を作った上で、新しく被せものをして、根管治療を完了させます。

他の歯科医療と異なり何回も通院する必要がある

根管治療を行う場合、対象となる歯の部分や数によって通院期間は異なりますが、おおむね6から7回程度かかります。根管治療で虫歯などを完全に治療するには、歯が欠けないよう、細菌などの侵入を防ぐ被せものを何度もする必要があるためです。

根管治療とは虫歯などで細菌に感染してしまった歯の中の歯髄という組織を取り除く治療方法です。虫歯が進行してしまっていても、歯を残して治療することができます。